Elza's Creative note

ARTICLE PAGE

メインキャラクター設定・デザイン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Published on: --,  -- -- --:--
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
この記事は、私がTES4とTES5でメインに使用しているふたりのキャラクター「エルザ」と「セヴェリーニ」について、作者視点で語ってみようという記事です。設定や制作の話などもこちらで。以前にTumblrに公開していたテキストのリライトも含みます。
長めの読み物となっていますので、他の人が考えている設定に興味がある方に楽しんでいただければ幸いです。

※あくまでも作者視点での内容となります。配布中のフォロワーMODとは別人とお考えください。
こちらも併せてお読みください。





はじめに 「“RP”のスタンス」



私個人のスタンスとして、RP(キャラクターなりきり)はゲーム内だけで楽しむものであり、ゲーム外でのあらゆる表現(二次創作)とは別物として考えています。
私のプレイヤーキャラクターは私の一次創作からTESの世界に出張させたキャラクターたちです。人格になりきってゲーム内での行動を決め、その結果を設定に反映することはあっても、あくまでもゲーム内で選択できる行動が全てであり、どのような形でも原作のストーリーや登場人物を改変することはしません。
私のスタンスにおける二次創作は、プレイヤーキャラクターがゲーム内での役割を終えた後の「余生」に当たる部分であり、ゲーム中のストーリーラインとは関係がありません。だからこそ私の一次創作とも絡めた自由な解釈で表現しています。
これはTES4で初めてタムリエルの地に降り立ってから今も変わらないスタンスです。




キャラクター設定


エルザ

elzaprof170929.jpg

エルザ・メイフィールド(Elza Mayfierd)

19歳、163㎝、異邦の人間族
天涯孤独な生い立ち。物心つく前に内戦で故郷と家族を失い、一度は子供のいないエルフ族の貴族夫婦に引き取られるも、夫婦に跡取りが産まれたため、地方の女子修道院に送られる。
自分の境遇に救いがないと感じ、それまで祈り続けた神への信仰に疑問を持ったことをきっかけに、「この世界のすべてを知る」ために10歳で冒険ギルドの門を叩いた。

メイフィールドは故郷に由来する姓(自称)。
各地のギルドに出向しているためいくつもの肩書きを持つが、自分から名乗る際は冒険家(World walker)と称している。
人間族の女性であるが、養子に入るにあたりエルフ族として生きていくことを選び、セヴェリーニによってエルフの耳と少しの魔力を与えられた。冒険者ギルドに所属してからは種族に拘る必要がなくなったため、質問されれば「少し耳の長い人間」と答えている。

狩猟、採集、料理、工作、裁縫など、自給自足で生きてゆくために必要なことは一通りこなせるが、複雑な錬金術や魔法などは苦手。動植物が好きで木材や革製品など自然物に囲まれた生活を好む。逆に金属や機械は苦手。曰く、凝ったものよりシンプルで自然に手になじむものがよい。
冒険家業の性質から記録の収集癖があり、考察用のノートが莫大な冊数になっているのが悩み。

明朗快活。素直で物怖じしない性格。感情が豊かで思っていることが表情や態度に出るタイプ。女性らしい口調で話す。
常に物事の本質を捉えようとするため、どんな状況でも冷静に見聞きし判断できるが、矛盾に対しては冷徹に振る舞うことも。
身寄りがないことから孤独に打ちひしがれることがあり、甘えさせてくれる人に弱い。
常に自分の味方でいるセヴェリーニに強く惹かれ尊敬しているが、恋愛感情かどうかはまだ深く考えておらず、兄として接している。目下の懸案事項は一向に彼氏ができる気配がないこと。



セヴェリーニ

seveprof170929.jpg

セヴェリーニ(Severini)

24~5歳(外見/実年齢1000歳代)、185㎝、異邦のエルフ族
エルザが故郷を失くした内戦に参加していた軍の元参謀。自軍の攻撃によって焼け落ちた村落で発見したエルザを助け、養子縁組の世話をするなど幼少期の彼女を何かと気にかけていた。ある経緯からシロディールに亡命していたが、偽名で下級貴族として暮らしていたところ、冒険家となったエルザと再会し、彼女の旅にも力を貸すようになった。

緻密な計算を伴う錬金術や複雑な魔法を使いこなし剣術にも長けるエリート。
自らの魔法理論により複数の魔法をエンチャントした武具を愛用している。
種族由来の細身な身体と整った顔立ちを持つが、種族特有の性根とは真逆の非常に穏やかかつ冷静な人間性で、同族の傲慢な振る舞いに辟易している。しかし、彼自身も同族の資質を持つため、稀に辛辣な本音が漏れ出ることがある。
過ぎ去った時代に思いを馳せる歴史好き。いつか自分の手で失われた文明を復元したいと願い、暇を縫っては遺跡に通い古文書の解読にいそしむ。
知識が多いが故に、一度語り始めると止まらず周りが見えなくなることも。

物静かで誠実な性格。優しく微笑むように笑う。怒るときは諭すタイプ。
基本的には穏和だが、敵対者に対しては躊躇なく武力を行使する非情さも併せ持つ。
責任感が強く、面倒見が良い。同僚や後輩からの人望が厚いが、若さゆえに正義感から目上の者に意見することがあり、年配者からは疎まれることもある。
若くして部下を率いて自分を追い込んでいたため、利害や上下関係を伴わない純粋な人間関係を強く望んでいる。ひとりの人として対等に接することができるエルザを妹として大切にしている。

※セヴェリーニは独立型フォロワーMODを配布しています。詳細はこちらのページをご覧ください。



時系列設定

ふたりが誕生してから現在に至るまでの主な出来事です。
ふたりはタムリエル大陸の外にある、とある連合王国からやってきました。その国では「神に運命づけられた」といわれるほど長きに渡り、領地の境界線をめぐる内戦が続いています。
TESのRPにおいては、セヴェリーニがメインクエスト、エルザがサブクエストを担当しています。

  • セヴェリーニ:
    祖国のとある貿易都市にて、エルフ族の名門貴族の末男として生まれる
  • セヴェリーニ(精神・外見上の)10歳ごろ:
    自分の家族の領民に対する仕打ちを目の当たりにし、自らの家柄と種族に強い嫌悪感を抱くようになる
  • セヴェリーニ(精神・外見上の)15歳ごろ:
    家を出て首都の軍部に傭兵として入軍する。本人の振る舞いから家柄が判明してからは戦果の功績と相まって順当に昇進し、士官・参謀まで昇り詰める
  • セヴェリーニ(精神・外見上の)20歳ごろ:
    恋人ソフィアと出会うが、間もなく死別。短いながらも真剣に愛していたため、心を乱し一次的に手当たり次第関係を持つ
  • セヴェリーニ800歳代:
    首都領の境界付近の農村にエルザが産まれる
  • エルザ5歳:
    内戦の影響で故郷の村が焼け落ちるも、状況確認に訪れたセヴェリーニに助けられる。その後半年ほどセヴェリーニの部屋に居候した後、子供のいないエルフ族の貴族夫婦の養子となる。夫婦の希望でセヴェリーニが週末の家庭教師役となり、文学や芸術、社交などを教わる
  • エルザ10歳:
    夫婦に跡取りが生まれたため、地方の女子修道院に送られる。その数ヵ月後、セヴェリーニが音信不通になる(シロディールに亡命)。その数日後、修道院を後にし冒険者ギルドの門を叩き、見習いとして女性冒険家に師事する
  • セヴェリーニ:
    シロディールに到着後、クヴァッチの戦いに加担した縁からマーティンとともにメエルーンズ・デイゴンを打ち破る(TES4)。以後はスキングラードの郊外で荘園を営みながら隠居する
  • エルザ15歳:
    祖国を離れる師匠の計らいで冒険者ギルドの正会員となる
  • エルザ19歳:
    祖国の冒険者ギルドの要請で行方不明者の捜索のためシロディールを訪れたところ、セヴェリーニと再会するも、突然音信を絶ったことに対する怒りから一方的に冷たい態度で接する。その数ヵ月後、エルザ本人の希望によりセヴェリーニ手製の秘薬を摂取し、外界の時間軸から切り離された存在となり、精神と肉体の年齢はそのままに以後100年以上異世界を含む各地への冒険旅行に出る
  • セヴェリーニ1000歳代(200年後):
    第4期のタムリエルの現状を知るため北方を足がかりにスカイリムに向けて旅立ったところ、国境付近で帝国軍に捕縛される。処刑されそうになったところアルドゥインの襲撃を受け、第3期末のアカトシュの化身との縁からドラゴンボーンとして覚醒し、アルドゥインを討伐した(TES5)。その後、グレイビアードとパーサーナックスに申し出てドラゴンボーンの能力は捨て、自分に英雄像が重ならないよう工作した後、旅の途中で訪れた縁からウィンターホールド大学の学長に就任する
  • エルザ19歳(200年後):
    個人的に請けた依頼調査のためウィンターホールド大学を訪れたところ、セヴェリーニと再会する。その夜の会話で和解し、以後は仲良しの兄妹として接するようになる
  • 現在:
    エルザは祖国の冒険者ギルドのタムリエル担当として大陸各地を旅し、週に一度程度セヴェリーニの元へ帰還している。セヴェリーニはウィンターホールド大学の学長として日常の執務をこなす傍ら、大学常駐の友人とともにエルザの帰りを待つ



ふたりの関係値

仲良しですが、よく喧嘩もしています。

ScreenShot4083.jpg

幼いエルザを託されたセヴェリーニは、死にゆく彼女の母の言葉が呪詛のように残り、彼女の幸せを願い、彼女が望みさえすれば命以外なら何でも差し出す覚悟でいます。その彼女が、彼に「兄でいること」を求めたため、兄妹として接することになりました。

ふたりは今のところプラトニックな関係ですが、他人からは兄妹というより恋人同士のように見えます。毎日顔を合わせるわけではないので、一緒に居られる時間を大切にしたいと考えており、大抵は寄り添って過ごしています。年頃の婦女子への配慮として避けてきましたが、ある出来事から、アークメイジ居住区のダブルベッドでふたり一緒に眠るようになりました。

シロディールで9年ぶりに再会したエルザは、まだ若く危うさを抱えながらも、それまでに得た経験から自分の生い立ちや運命を受け入れ、常に前へ進もうとする強い女性に成長していました。幼少時に自身の家柄と種族に失望し、逃れるように軍に入ったセヴェリーニは、自分がコンプレックスにしてしまったことを「個性なのだ」と明るく笑う彼女に救われ、その人間性に惹かれています。

「エルザ」も「セヴェリーニ」もふたりの本名ではありません。エルザは幼いときから名乗っていた愛称を自分の本名だと思っており、セヴェリーニはあざなです。祖国においては、あざなを持つ者は結婚するときに初めて相手に本名を明かします。彼は彼女に自分の本名を打ち明ける日を待ち望んでいます。



ふたりと関わりのあるキャラクター

MOD内でボイスなどによって言及されているか、共通認識ができているフォロワーMODのキャラクターです。

  • リュイ(XD followers)
    セヴェリーニがアークメイジに就任して以来の補佐役。天然だが兄妹に対するツッコミ役。

  • ラーウス(XD Folowers)
    若かりし頃の彼が憧れた人物とエルザが旧知の仲(ただし彼は知らない)。

  • ロゼッタ(Custom Voice Follower Rosetta)
    セヴェリーニが行き倒れた彼女を保護している。子供の頃のエルザに似ているため、妹のような存在。

  • ミナ(haijin Followers - Mina Harker)
    様々な姿を持つウィンターホールド大学の在学生。星霜の書を手に入れる際にセヴェリーニを訪ねている。

  • ユリウスとリズ(Mana's follower)
    主にエルザの友人。リズはタムリエルでの親友でよく家を訪ねる。ユリウスはリズから紹介された。

  • ジークとティニー(Mana's follower)
    主にセヴェリーニの友人。ジークとは旧知の仲。あるきっかけで行動を共にするふたりを手助けする。

  • ベイリン(CustomVoice_HeroFollowerBalin)
    エルザが下着を作った縁で知り合う。セヴェリーニが魔法剣について助力したことがある。

  • ラトリア(Latria_Follower)
    エルザと過去に行動を共にしたことがあり、その際にセヴェリーニの話をしている。




デザイン設定


アイデンティティ

ふたりは彼らの「祖国」と称する私の一次創作の世界のキャラクターです。TESのように設定を加えて出張させる場合のために、同一人物として扱えるようにアイデンティティを設定して意識するようにしています。

エルザ
身長/体重/体型: 163cm/55kg/胸と尻が大きく骨格がしっかりしている。健康的だと思う程度の筋肉質
髪の色: ブロンド~プラチナブロンド。 素肌に溶け込む色
瞳の色: グリーン
肌の色: 白系で明るめ、血色がいい
顔立ち: 眼孔と黒目が大きく、吊り目気味の猫のような顔。口も大きい。歯並びがとてもよい
主な髪型: 重めに切り揃えた前髪(ぱっつん)、高い位置のポニーテール、ロングヘア
主な服装: 防具系統は軽装。パンツやショートパンツなどの動きやすいボトムスに、へそや胸元など肌が見えるトップスを合わせる傾向が強い。身体のラインが出る活動的なデザインを好む
その他: 舞台女優のような濃いめのアイメイク(戦化粧のようで気合が入るらしい)。とても表情豊か。中音でよく通る声

セヴェリーニ
身長/体重/体型: 185cm/70kg/細身でやや筋肉質。バランスのよい体型
髪の色: ブロンド~シルバー。 艶やかに輝く色
瞳の色: ブルー
肌の色: 白系で明るめ、やや彩度が低い
顔立ち: 彫刻のような端正さ。「女性的な男性」ではなく「端麗な男性」。 深い二重がある
主な髪型: 自然に横に流したショート~セミロング。顔が隠れない髪型なら拘りはない
主な服装: 防具系統は軽装およびローブ。過度な装甲や装飾が付いたデザインは避け、シンプルでスマートなシルエットのデザインを好む
その他: 表情変化に乏しく、いつも気だるげ。よく微笑む。深く落ち着いた美声



一次創作でのすがた

ふたりとも割と自由に創作していますが、アイデンティティを加味してイラストにすると、だいたいこんな感じになります。

elzanseve_170929b.jpg

エルザは目をまんまると大きく描いて、セヴェリーニは綺麗系にまとめるとしっくりきます。それが目的のひとつでもあったのですが、フォロワー化してからふたりともすごく描きやすくなりました。


ふたりとも容姿の元ネタがあるわけではありませんが、エルザのイメージはステレオタイプの「外国人の活発な女子学生」です。よく喋り、よく笑い、近くの人を元気づける、学園モノのストーリーによくある主人公の親友ポジションですね。笑
セヴェリーニのイメージは「外国人のファッションモデルにいそうな人」です。端正な顔立ちで、清潔感があり、それでいて嫌らしくない存在感がある人、といった感じでしょうか。そこに指輪物語などステレオタイプのエルフ像を合わせています。

私にとってのふたりは、キャラクター(架空の人物)というよりは概念的な存在です。イラストや小説など、別に作品の体を成していなくてもよくて、「頭の中にマツコ・デラックス(または平野レミなど)を住まわせると人生が楽」なんて発言を目にしたことがありますが、私にとってはふたりがそれです。

資料を集めて設定を詰めていく過程が好きなので、外に出力するときにはデザイン画の状態であることが多いです。こんな服を着ていたら、こんな持ち物を持っていたら…、アイデアを起こしては想像の中に反映しています。


elzadesign.jpg



スカイリムでのすがた

スカイリムでの近影がこちら。

ScreenShot3974.jpg

2014年の11月末にスカイリムでのエルザの最初の決定稿が完成し、それに付き添うためのフォロワーMODとしてセヴェリーニ(El Follower Severini)を2014年の12月初旬に公開しました。
この時点ではふたりに兄妹という設定はありませんでしたが、2人を並べたSSを投稿したところ、感想で「兄妹」というキーワードをいただき、スカイリムに来てから兄妹を名乗るようにしたという設定を追加することになりました。
エルザはセヴェリーニの後を追い、テストバージョンを2016年7月に希望者限定で配布しました。今も折を見て制作を続けています。


セヴェリーニは設定を出来る限り具現化させると決めてから(ver1.3以降)かなり力を入れて制作しています。方向性を変えた当初は「気だるそうで眼鏡をかけた美形のエルフ青年」という、属性てんこ盛りのキャラクターは存在しませんでしたから、それこそ新種族が作れるくらいの作業量になりました。

sevetex_170929.jpg

彼の顔テクスチャはPretty Face for menがベースになっていますが、私の新規の描画で原作を塗りつぶして別物になってしまったこと、加えて先日の原作のアップデートもあり、全く違う作風になったことから、作者のtktkさんに許可をいただいたうえで原作のクレジットを外し独自の道を歩むことになりました。
今後もセヴェリーニ本人とセヴェリーニ風のキャラクターを作るための専用アセットとして制作を続けていきます。


エルザは借りているMODアセットが多いので、自分の作品という満足感が足りませんし、まだまだ制作の余地がありますね。
まず髪型は一次創作のイメージに近付けたいです。オブリビオンで作成した髪型をベースにできないかなあ…と横着を考えていますが、進捗的には専用の服と下着のほうが進んでいます。

elzaoutfit_170929.jpg

実はオブリビオン時代からデザインを変えてずっと取り組んでいるんですが…無事に完成すればいいですね…




あとがき


ScreenShot4338.jpg

人目に触れる場から離れて制作したい気持ちが強くなり、続けていたSNSを2017年9月初頭にすべて退会しました。
紆余曲折ありましたが、原点に立ち返りマイペースで制作を続けることが私に合っていると感じています。SNSから離れた今は、とても気持ちが楽になり、以前と同様に創作ができるようになりました。

ふたりと関わりを持ってくださったキャラクターの作者のみなさま、何かのきっかけでふたりを知り言及してくださるみなさま、とても嬉しく思っています。思い入れが強いため、柔軟に対応できることばかりではありませんが、既にふたりを揃えてお迎えくださっている方におかれては、今後も大切にしていただけると幸いです。




関連記事
Category: アイデア・デザイン
Published on: Sat,  30 2017 17:50
  • Comment: closed
  • Trackback: closed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。